INTERVIEW

転職者インタビュー

Career of job changer

K.ITO

営業部2020年入社

これから会社の規模も大きくなる、
営業として数字を上げることで貢献したい。

入社前のキャリア一貫して不動産ビジネスで経験を積んできた。

キャリアを振り返るとずっと不動産ビジネスに関わってきました。高級不動産の賃貸仲介、不動産コンサルティングなどいろいろと実務経験を積んできまして、とうとう知人と不動産会社を立ち上げ、不動産投資のコンサルティング、投資物件の売買の他に住居用の戸建住宅の売買も行っていました。
ところが事情があって会社をたたむことになり、会社に転職しようと思ったわけです。私の知見や経験を評価してくれ声をかけてくれた会社もいくつかあったのですが、自分で会社を探すことにしました。その中でワンルームマンションを対象にした不動産投資の会社に注目しました。今後を見据えるとワンルームへの投資はメインになると思ったのが主な理由ですね。そこでTAPPのことを知りました。

TAPPに入社した理由知識を活かしてお客様と真摯に向き合える。

不動産の業務経験はあったので、正直どこでもやっていけるという自信はありました。そのせいかどうかわかりませんが、TAPP以外の会社はアウトバウンドでがんがんやって引っ張ってくれと言ってくることが多かった。それだったら以前のように自分でやった方がいい。そういうゴリゴリのスタイルではなく、きちんとインバウンドで集客し、知識をもってお客様と真摯に向き合う会社で働きたいと思いました。
だからTAPPを知った時は、かつて自分が会社を作った時にめざした、いい意味で不動産っぽくないところが同じだと感じました。ベンチャー企業で若い社員も多い、こういう環境ならこれまで私が培ってきた経験やノウハウを伝えることで貢献できるかもと期待し入社を決めました。

TAPPでの現在チームの売上向上、メンバーのスキルアップが主な役目。

現在は、東京本社営業部でマネージャーとして仕事をしています。主な役目はチーム全体の売上、メンバーの営業力のアップです。私自身、営業に関しては前職までの経験で蓄えたスキルがありますから苦労はしませんでしたが、あえて言うと商談時のアプローチに少し戸惑ったこともあります。以前のお客様は不動産に投資したいという前提でしたが、TAPPのお客様は資産運用をしたいがよく分からない方が大半なので、不動産以外の金融商品についても知っておかないといけません。そこが足らなかったので勉強して補強しましたね。
TAPPはこれまで自分が在職した会社の中では人が最も多い、そういう環境で働くのは楽しいですね。それだけ動くお金も大きい。これから会社が成長していくと規模感も大きくなり、楽しさも増える。営業職としてもっと上をめざしたいです。

ONE DAY1日のスケジュール

13:00
WEBにて商談
16:00
GMと案件相談のMTG
18:00
セミナー内容の改善案相談
19:00
夕食
20:00
外出でプレゼン商談
22:00
終業